専業主婦&年収300円でも家族は養える!怖くない!

僕は年収300円台の低年収サラリーマンです。それでも家族を養っていかなくてはいけませんし家も買いました。最初はドキドキしていました。

この先やっていけるのだろうか?なんて悩みもしましたが1年たった今は「ちゃんとやればできる」に変わりました。

スポンサーリンク
「レクタングル(大)」広告 wp pc

妻が専業主婦の理由。

僕が年収300万円なんだから普通に考えたら妻も働きに出て家計を支えます。

普段の生活費だけでも大変なのに子供は大きくなるにつれて教育費も増えます。両親の介護費用なんかも計算しておかないといけません。

なのでお金はないよりはあったほうがいいに決まっています。

それでも、妻は専業主婦なんです。

お金のために働くってどうなんだろう?

僕も妻も共働き反対派です。

共働きをする理由で多いのが「お金のため」なんですよね。3月9日のネットニュースに掲載がありました。

新社会人の働く理由、最多は「生活費を得るため」他にも「自立」「やりがい」など【新社会人白書2017】 - エキサイトニュース
「何のために働くのか?」という問いは、就職活動に挑戦した新社会人なら、誰もが直面したテーマなのではないでしょうか。自立するため、自己実現のため、生きがいを得るため&&などなど、働く理由は人それぞれある...

もちろんお金は大事ですし、食べて行くためには必要です。

でも、必要最低限のお金が他の家庭より少ないんですよねこれは考え方の問題なので無理だ!って家庭も多いでしょう。

理由は家にいたいから

僕の少ない年収で生活費を捻出しています。住宅ローン・食費・光熱費などなど毎月の支出は全部払っています。

僕の妻は正社員として働いたことがありません。結婚した当初はアルバイト(パート)なんかもしていましたが、現在は完全な専業主婦です。

理由は「家にいたいから」これだけですw

共働きをすれば単純計算で収入は2倍になります。お金の面では自由になる部分が圧倒的に増えます。でもね、共働きになることでデメリットもありますよね。

共働きのデメリット

メリットとデメリットを考えた時に妻が専業主婦でいた方がメリットがあると判断したため結婚当初から専業主婦でやってきました。

共働きをしない理由

「お金のために働く」っていうのが嫌だったんですよね。共働きは家事全般がおろそかになります。僕の周りにも「旦那が協力してくれない」とか「奥さんが繁忙期で何もしない」とかいろいろな話を耳にします。

  • 共働きで大変だから、掃除をあまりしていない(ルンバを買う)
  • 共働きで大変だから、外食やお惣菜で済ませてしまう(体に悪影響)
  • 共働きで大変だから、洗濯物が干せないたためない(乾燥機を買う)
  • 共働きで大変だから、駅近物件で家賃が高い所に住む(家賃が高い)

他にもありますがこんな感じです。

僕達夫婦はそもそも人間としての能力や生きる力が乏しいです。共働きでお互いが「仕事・家庭・育児・趣味」どてもしっかりできる自信はありません。

そして、家事がおろそかになるもの嫌でした。どうせ生きていくなら好きなようにしたいじゃないですか。「お金のために働く」のではなく「生きるために必要な分だけお金を稼ぐ」になったほうがいいです。

働きたくないのに無理して働く必要はない

僕は30歳を過ぎたからか外食や出来合いの総菜が続くと体調が悪くなります。カップラーメンや冷凍食品も続くと体調が悪くなります。

洗濯物や布団は太陽にあててしっかり干したい。あたたかい布団は最高ですからね。

都心の駅近に住むと通勤には便利でしょうが日光が当たらないような場所だったり、騒音の問題があったりします。

なので、共働きをしないのは「そもそも共働きは出来ない」から。

そして「お金のために働く」のではなく「生きるために必要な分だけお金を稼ぐ」ようにしているから。僕の年収が300万円なら300万円で生活できるように工夫をすればいいんです。

共働きで収入を得て家事も育児もやるのはとてもすごいです。世の中の大半の同世代は消耗しながらも頑張っています。僕には出来ません。

スポンサーリンク
「レクタングル(大)」広告 wp pc
「レクタングル(大)」広告 wp pc

シェアする

フォローする