サッカー日本代表。さすがに本田は外すべきだと思う。

ロシアワールドカップ・アジア最終予選もあと半分となりました。サッカー好きの僕としてはワクワクドキドキの2017年がやっとスタートします。Jリーグも開幕したし。

3月23日 UAE戦 アウェー

3月28日 タイ戦 ホーム

さて、3月のロシアワールドカップ・アジア最終予選ですが、今まで主力だった選手が軒並みコンディションを落としているところが気になりますね。

スポンサーリンク
「レクタングル(大)」広告 wp pc

ACミラン本田選手はさすがに外れるべきだと思う。

今日のニュースに招集レターが届いたとスポニチが報じました。

本田に代表招集レター!ミランで出場激減でも選出の可能性(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース
ACミランのFW本田圭佑(30)に対し、日本協会から、今月のW杯アジア最終予選2 - Yahoo!ニュース(スポニチアネックス)

これについては、ハリル監督も悩んでいるでしょうね。日本代表で考えれば絶対的エースで得点王。他メンバーへの影響力が大きい存在です。そんな本田選手をどうするか。

僕が監督なら外すけど。

選ぶのはハリルホジッチ監督ですからね。絶対的エースの本田選手をどう扱うのか。ここも楽しみの一つです。

さすがに絶対的エースでも、所属チームで出場機会を得ていない選手がいつまでも日本代表に選出されるのはおかしいです。ほかの選手に示しがつきません。出場機会が大事だとハリルホジッチ監督自身が言っていたし、冬のマーケットで移籍することもできたのです。

それを本田選手はACミランの10番で居続けることを選んだわけです。良いオファーが無かったという事ですが、それが今の本田選手のサッカー選手としての市場価格なんでしょう。

本田選手は頭が良い。自分の価値をわかっている。

本田圭佑、ホリエモンと「経営」「教育」を語る
2016年7月末、本田圭佑はオーストリアにいた。ミランの一員としてではなく、自身がオーナーを務めるサッカークラブ「SVホルン」の経営者としてだ。なぜ彼は現役中にビジネスに打ち込むのか?その答え...

ニュースピックで掲載されていましたが、ビジネスマンとしての本田選手は非常に優れていると感じます。引退後のことまでしっかり考えて行動しているんでしょうね。

たしかに、ミランから中下位チームに移籍して(しかもそこでもレギュラーとは限らない)みんなから落ち目だ!なんて言われるよりは「ミランの10番」というブランドを選んだわけです。

スポンサーリンク
「レクタングル(大)」広告 wp pc
「レクタングル(大)」広告 wp pc

シェアする

フォローする